つぎはコレ読みたい ~コージーミステリ三昧~

果てしない積読山脈をじりじりと登攀中。未訳作品中心に、自分が読みたい本、みんなに読んでほしい本を紹介しています。

気になる新刊 ~2018年8月~

 

Pieces of Her: A Novel: 18

Pieces of Her: A Novel: 18

 

 

『Pieces of Her』 by Karin Slaughter

シリーズ名:ノンシリーズ

カテゴリ:ミステリ

 

 この人のことはよーく知ってる、と思う人物、たとえば自分の母親が、じつはまったく別人だったら?

 小さな町で言語療法士として暮らし、このままこの地で静かに年を取っていくものと思いこんでいた母がある日、ショッピングモールを襲った銃撃犯に立ち向かい、重傷を負った。犯人は30年にもわたって母を探していた。いったい母はどんな過去を隠していたのか。31歳になったアンディは、自分が生まれる前の母ローラの人生を解きほぐしていく。

 

 グラント郡シリーズでサラとその母との関係を描く面白さに気づいた著者がシリーズを離れて書いた「女の生きる道」。レビューによると、著者のこれまでの作品とはちょっと違って、あまりダークじゃない、てことは明るい雰囲気があるらしい。

 

 バイオレンス要素はあるけど、これまでの作品が血なまぐさくて苦手だった人も、新しいスローターを発見できるかも。

 

 

 

The Psychology of Time Travel (English Edition)

The Psychology of Time Travel (English Edition)

 

 

『The Psychology of Time Travel』 by Kate Mascarenhas

シリーズ名:ノンシリーズ

カテゴリ:タイムトラベルミステリ

 

 1967年、4人の女性科学者のチームがタイムマシンを開発した。だが発表を目前にしながら封印を余儀なくされる……。

 50年後、タイムトラベルは大流行している。ルビー・レベロは祖母がその開発者の一人だったと知るが、詳しいことはわからなくなっていた。ルビーが手に入れた未来から届いた新聞記事の切り抜きには、身元不明女性の殺害が報じられていた。これは祖母のことなのか? 今なら殺人事件を阻止できるのか?

 

 タイムトラベルが可能になったら未来を変えられるのか、というテーマはさんざん出尽くしたのかもしれないけれど、新人作家はこのデビュー作で女性の生き方から家族の絆まで盛り込み、このテーマをどう料理したのか、気になる1冊です。

 

 

 

Tail of the Dragon (A Zodiac Mystery)

Tail of the Dragon (A Zodiac Mystery)

 

 

『Tail of the Dragon』 by Connie di Marco

シリーズ名:Zodiac Mystery #3

カテゴリ:コージーミステリ

 

 サンフランシスコで占星術師をしているジュリア・ボナティは、元上司に頼まれて彼の弁護士事務所に潜入する。過去の事件につながりのある3人の人物に脅迫状が届いたのだ。ジュリアは占いで手がかりを見つけるが、誰も耳を貸してくれない。そうこうするうち、早くも2人が殺されてしまった。身の危険を感じたジュリアは犯人を追い詰められるのか?

 

 コージーブックスから出ている〈スープ専門店〉シリーズでおなじみ、コニー・アーチャーの別名義で書かれた占星術ミステリーの3作目。レビューでは最後のどんでん返しにやられた! って人が多いみたいで、コージーでもしっかりミステリしてると思われるあたり、そそられますね。

 

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
にほんブログ村