読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぎはコレ読みたい

果てしない積読山脈をじりじりと登攀中。未訳作品中心に、自分が読みたい本、みんなに読んでほしい本を紹介しています。

『Gluten for Punisment』 by Nancy J. Parra

コージーミステリ(洋書)

 

Gluten for Punishment (A Baker's Treat Mystery)

Gluten for Punishment (A Baker's Treat Mystery)

 

 母親が亡くなって故郷のカンザス州オイルトップにもどり、グルテンフリーのベーカリー〈ベーカーズ・トリート〉をオープンしたトニ・ライダー。小麦の産地で小麦を使わない食品を売ろうというのだから場違いも甚だしい。町の人々が小麦なしでおいしいものができるのかと反感をつのらせる中、町では20年ぶりという殺人事件が起きる。
開店当日にトニと店を罵っていた小麦農家のジョージ・マイスターが、よりにもよって店の前で死んでいるのが見つかった。容疑者になったトニは名誉挽回のために手がかりを追うことになる。

地元新聞で調査報道と担当していたトニの祖母ルースの協力をとりつけて調べにかかった矢先、第2の事件が起きる。

 

日本ではまだブームというほどにはなっていないグルテンフリー。ダイエット効果があるというけれど、元々はアレルギー対策としてグルテンを除去した食事のことだとか。それでもコージーミステリの作家さんたちが盛んに発信するレシピには、最近グルテンフリーのものが増えてるのも確か。女性たちには注目されてるのね。
著者のナンシー・J・パラは別名義も含めて3つのコージー・シリーズを進行中。

 

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
にほんブログ村