つぎはコレ読みたい ~コージーミステリ三昧~

果てしない積読山脈をじりじりと登攀中。未訳作品中心に、自分が読みたい本、みんなに読んでほしい本を紹介しています。

『The Cats that Surfed the Web』 by Karen Anne Golden

 

キャラクター       ★★★★

プロット              ★★★★

総合満足度           ★★★★

カテゴリ              猫、インディアナ州、遺産相続

 

 ニューヨークでコンピュータのエンジニアをしているキャスリーン(キャッツ)・ケンドールは、長らく絶縁状態になっていた大おばの遺産相続人になった。その額なんと四千四百万ドル。ただし条件付き。田舎町にあるおばの邸宅に最低一年間住んで飼い猫の世話をすること。楽勝よね。

 

もとから飼っていたシャム猫三匹とともにエリーという小さな町に引っ越してきたキャッツは、家政婦が地下室で死んでいるのを発見する。

 

 

リリアンJ・ブラウンのシャム猫ココシリーズへのオマージュともいえる新シリーズ。キャラクターの崖っぷち感といい、親友のバディ感といい、もちろん猫たちのかわいらしさといい、いかにもなコージーミステリ。

キャラ紹介にページを取られるのはシリーズ一作目だからしかたないとしても、事件が展開するのは後半になってからというのはのんびりしすぎかも?

 

そしてコージーのもう一つの楽しみ、お料理が――出てこない。キャッツと親友コリーンがキッチンでマフィンを食べるシーンは出てくるのだけど、別の人が焼いてくれたもの。キャッツ自身は料理をしない人みたい。それでもポピーシードマフィンはおいしそうだったので焼いてみました。

  

f:id:kumyam412:20161205174724j:plainf:id:kumyam412:20161205174658j:plain

ココシリーズのクィラランももっぱら外食の人だったのと関係あるのかな? あちらはあちらでおなじみのレストランもいくつかあったけど、こちらのエリーという町ではあまりバリエーションが期待できない印象なのがちょっと残念。

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
にほんブログ村